ひよっこぴょこ丸の『脱線ライフ』

人生、脱線してからが本番!人生1回目のひよっこが世の中のなんやかんやについて書くブログ

LEFスピンオフ『人魚の歌』パート2

【前回までのあらすじ】

何者かに追われて、森の奥にある工房に迷い込んだ『ハルナ』。

工房のあるじ『ぴょこ丸』を信じて保護を受けることにした彼女には、実は秘密があった…

〜〜〜〜〜〜〜〜

「ふぅ…」

汚れた体を洗い流し、ゆっくりと湯船に浸かる。

じんわりと暖かさが広がってきて、自分の体が冷えきっていたのに気がつく。

やっぱり、水に触れていると落ち着く。

湯船には、先ほどのハーブティと似た香りの薬草が浮かべられていた。

肩の傷は、血は止まっているものの、やはりピリピリと痛む。

ゆっくりと肩まで湯に浸かり、考える。

追われていた理由はおそらく『アレ』だ。

すでにこの街にも情報が入っていたのだろう。

しかし、この工房の主人たる青年…雨の中、夜遅くに突然飛び込んできた私に、警戒する様子もなく親切にしてくれている。

『泊まっていけ』と言われた時には、何か下心でもあるんじゃないかと思ったが、彼の関心はむしろ、あの『短剣』の方にあったようだ。

父からもらった大切なものだが、世話になっているお礼だ。

信頼には信頼で応えなければ…

水に触れて、父のことを思い出し、少しだけ気持ちが緩んだ。思わず鼻歌が漏れる。

「♪〜」

明日からの行くアテはないが、今はこの安心感に身を委ねよう…

〜〜〜〜〜〜〜〜

この『短剣』と向き合って、どれくらいの時間がたったのだろう。

単に美しいだけでなく、はめ込まれた蒼い石には、水の魔力が込められているようだった。

スケッチも描き終え、改めて短剣を見つめていると

「ありがとう。いいお湯だったわ。それに薬草まで」

お風呂から上がって、貸しておいたバスローブを羽織ったハルナが立っていた。

お風呂に入る前と比べて、肌にも目にも明らかに生命力が増しているのがわかった。

「元気になったなら何よりだ。ところで…」

「ん?」

これまでで気づいたことを問う。

「アンタ、もしかして…"人魚"なのか?」

気づいてしまったゆえ、聞かずにはいられなかった。

「おまえ…なぜ…」

ハルナの顔が険しくなる。

明らかに警戒心を強めている。

どうやら、あったっているらしい。

「イヤ、オレは『人魚伝説』なんか信じちゃいない。アンタの血や肉にも興味はない」

少し警戒が緩む。

『人魚の血や肉を摂れば、不老不死の力が得られる』という古い伝説がある。

もっとも、人魚という種族が発見されるずっと前に書かれたもので、殆どの人間は信じていない。

二本足で歩いていることは解せぬが、追われていた理由はその『人魚伝説』のせいと考えれば合点がいく。

「なんで…わかったの?」

「この短剣、装飾は明らかに海のものだし、石には水の魔力が込められていた。それに…」

「それに?」

普段から人を観察しているせいか、歩き方、所作、息遣いにもどこか人間離れした雰囲気を感じていたが…

「お風呂から聞こえてきた歌が、この世のものとは思えないくらい美しくて…」

人魚は歌が上手いと聞いたことはあったが、実際に聞くのは初めてだった。

初めて聞くのに、どこか懐かしい、不思議な歌だった…が

「な"ッ!?」

ハルナが人魚であることがバレた時以上に動揺している。

顔が見る間に真っ赤になる。

「すまない…盗み聞きするつもりはなかったんだけど、美しすぎて…つい聞き入ってしまった…」

「ウぅ…うつ?うつくしッ!?」

ハルナは、さらに動揺してワナワナと震えている。

鼻歌を聞かれたこと以上に、その歌を褒められることに動揺しているようだ。

「あー…その…えーと…」

予想外の動揺に、こちらも同様に動揺する。

「ベッドは二階に。好きなように使ってもらっていい。オレはもう少し短剣を見させてもらうことに…」

まだ、紅潮した顔でワナワナと震えている…

「あの…ハーブティ飲む?」

〜〜〜〜〜〜〜〜

そのあとは、ハルナが落ち着くまでハーブティを飲みながら雑談をした。

今まで、誰かに聞かせるために歌を歌ったことがなかったらしい。

だから、感想を言われたことも、ましてや褒められたことなどなかったという。

海は今魔王によって住める状態ではなくなっており、かつての海を取り戻すために気合いで陸に上がって二本足で歩けるようになったらしい。

世界には、まだまだ不思議なことがたくさんあるもんだと感心した。

そして、追手はおそらく、人魚伝説を信じる何者かに雇われた賞金稼ぎだろうとのことだった。

二頭の猟犬を連れた大柄なハンターで、町のはずれで、ハルナが1人になったところを襲ってきたらしい。

幸い、小雨が降っていたため、猟犬の嗅覚に追われることなく、逃げながらさまよった挙句にここにたどり着いたらしい。

しかし、屈強なハンターと猟犬を差し置いて逃げ切るほどの健脚を持った人魚とは…

さらに、とりとめのない話をして、落ち着いた頃を見計らって

「さ、今日はいろいろあって疲れてるだろうし、もう寝たほうがいい。さっきも言った通り2階のベッドは好きに使ってくれていいから」

「ああ。何から何まですまない…おやすみなさい」

「おやすみ。明日のことは、明日朝飯がてら考えよう」

「ぴょこ丸はどうするんだ?」

「オレは…この短剣ともう少し向き合うことにする」

〜〜〜〜〜〜〜〜

今は元気そうに振舞っていたが、ベッドに入れば疲れでぐっすり寝られるだろう。

「さてと…」

作業机に向かって製図用紙を取り出す。

こんなにワクワクするのは久しぶりだ。今夜は徹夜になりそうだ…

〜つづく〜

LEFスピンオフ『人魚の歌』

「ハァ…ハァ…」

どうしてバレたんだろう?

この街に来てまだ誰とも話してない。

それなのになぜ?追われるハメになったのだろう?

だが、今はそんなことを冷静に考える余裕もない。

小雨の降る中、必死で走り続け、気がついた時には、すでに森の中に迷い込んでいた。

いつのまにか肩口から血が滲んでいた。

どこかに引っ掛けたのだろうか?

痛みは感じない。

そのくらい神経が興奮しているのがわかる。

暗い、寒い、怖い、息が上がる、胸が苦しい…

「だれか…たすけて…」

走りながら、誰にも届かない掠れた声でつぶやく。

その時、森の奥にかすかな光を見つけた。

幼い頃の父の言葉を思い出す。

『暗闇で迷った時は、少しでも明るい方に向かって進むんだ。大丈夫。出口は必ずある』

残された、わずかな体力を振り絞り、その光の中に飛び込んだ…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「さてと…」

夕食も済んだし、食後のコーヒーを入れるために、いつものようにお湯を沸かす。

工房の外は小雨が、シトシトと降り続いている。

こんな夜は、森の動物たちも静かで、聞こえてくるのは優しい雨音とお湯を沸かす炎の微かな音だけだ。

ーバタンー

「なんだ!?」

激しい音。うめき声。

玄関を覗くと、若い女が倒れていた。

小雨の中、この森を走ってきたのだろう。

全身ずぶ濡れで、体には泥や枝葉がまとわりついている。

肩口には血が滲んでいた。

「たす…けて…」

どうやら意識はあるようだ。

慌てて玄関を締めて、半ば抱えるようにして部屋の奥まで連れて行った。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とりあえず、着替えと止血用のタオル渡して風呂場で着替えてもらう。

その間に、入れかけていたコーヒーをやめて、リラックス効果のあるハーブティを入れる。

最初こそ取り乱していたものの、着替えを済ませて戻ってきた頃にはだいぶ落ち着いていた。

「とりあえず、着られる服があってよかった。お風呂も沸かしておくから、後でゆっくり浸かるといい」

「ありがとう…何から何まで…急に飛び込んできたのに…」

「いいさ、ちょうど退屈してたところだし。オレはぴょこ丸。この工房で武器職人をやってる。アンタは?どうしてここに?」

ハーブティを注ぎながら、とりあえず事情を聞く。

名は『ハルナ』というらしい。

街はずれを歩いていたところ、突然暴漢に襲われて、ここまで逃げ込んできたらしい。

追われていた理由が曖昧だったが、まあ、事情もあるのだろうと思い深追いはしなかった。

彼女の警戒心が解けた頃を見計らって

「さて…もう夜も遅い。どうせ行くあてもないだろうし、今日は泊まっていきなよ」

「いいの!?」

「このまま外に放り出すわけにもいかないしね。ただ、ひとつだけ『お願い』があるんだ…」

「なに?私にできることなら…」

「よかった!その『短剣』をじっくり観察させてくれないか!」

やや食い気味に返答する。

腰に携えられた『それ』は、武器職人としては見逃せないほど美しい装飾が施されていた。

彼女も始めは驚いていたものの「それでよければ」と、短剣を貸してくれた。

「さ、オレは『コイツ』をゆっくり見させてもらうから、今のうちに風呂に入っちゃうといい」

血も止まったみたいだし、お風呂に入ればこれまでの緊張も少しはほぐれるだろう。

「それじゃあ、お言葉に甘えて…」

風呂場に入っていくハルナを見送るまでもなく、今あずかった短剣を持って作業用のテーブル前に腰掛ける。

改めて見ると、とても丁寧に手入れがされている。

さぞ大切なものなのだろう…

(これは…いいものだ…)

ひさしぶりにニヤけているのが自分でもわかった。

〜つづく〜

自律〜惰性をやめること〜

いやー11月になりましたねぇ〜

今年も残すところあと2ヶ月!

やり残したことはありませんか??

ぼくは…いっぱいあります笑

さて、11月から雇用形態が変わり、正社員から一歩フリーランスに近づきました。

正社員時代より自由な時間は増えストレスは激減したのですが、一方で『怠惰な時間』がどうしても増えてしまっている…

これは、まありよろしくないぞ…

ということで、今月から、テーマを持って活動しようと思います。

で、11月のテーマは『自律』です。

『自分で立つ』ではなく『自分を律する』方の『じりつ』。

ただ、そのままでは漠然としているので、副題をつけました。

『〜惰性をやめる〜』

怠惰な時間が増えると、ついつい目の前の欲望に食いついてしまう。

具体的に言うと…

・惰眠をむさぼる

・間食が増える

・無制限にゲームしてしまう

・ついついSNSを覗いてしまう

などなど…

おお!なんと情けないていたらく!!

これではせっかくの『自由』が無駄になってしまう!

というわけで、上記の件について、全くのゼロにするわけではなく『ついつい、無意識で、惰性で』行なっていた部分を『自覚』し『律する』ことを第一とします。

そうして生まれた『本当に自由な時間』を活かして、次のステージに進む準備をしていきます。

・情報収集

・思考の整理

・読書

・勉強会動画見る

などなど…

そして、息抜きとして (ほどほどに)ゲームやったり間食したりする。

うむ。これが『自律』した大人の姿だ。

惰性で食べてた『アイス』も一旦封印。

ちゃんと『自律』できたその時までのお楽しみに…

◯本日の格言

『惰性はダセェ!!』#着想の暴発

マイノリティ・コンプレックス

我ながら、いろんなことに恵まれて生まれてきたと思う。

そこそこ裕福な家庭に生まれ、両親ともに健康。

平均よりもやや高めの身長と、それなりに恵まれた容姿と体格。

五体満足。心身ともに健康なヘテロセクシャルな男子。

生まれてこの方『生まれつきの条件』で不自由な思いをすることはなかった。

…でも、そのこと自体が1つの大きな『コンプレックス』でもあった。

恵まれた条件で生まれておきながら、心から『幸せだ』と言えるような人生ではなく、何か解決したいと思う社会問題に直面しても『自分は当事者じゃないから…』と思うことさえあった。

『当事者』であることに、ある種の『憧れさえ』抱いていた…

でも違った。

人生には、人には、それぞれ与えられた役割があるのだ。

自分は『当事者』ではない。

でも、

だからこそ、いわれのない偏見や差別に対して、断固として『NO』と言わなければならないのだ。

『当事者』ではない自分が、率先して差別や偏見を否定すること。

そのこと自体に意義がある。

それが、やっと見つけられた、自分と世界との関わり方。

同情や哀れみではなく、本当の意味での『平和な世界』を実現するための…『自分の役割』

マイノリティ・コンプレックス

我ながら、いろんなことに恵まれて生まれてきたと思う。

そこそこ裕福な家庭に生まれ、両親ともに健康。

平均よりもやや高めの身長と、それなりに恵まれた容姿と体格。

五体満足。心身ともに健康なヘテロセクシャルな男子。

生まれてこの方『生まれつきの条件』で不自由な思いをすることはなかった。

…でも、そのこと自体が1つの大きな『コンプレックス』でもあった。

恵まれた条件で生まれておきながら、心から『幸せだ』と言えるような人生ではなく、何か解決したいと思う社会問題に直面しても『自分は当事者じゃないから…』と思うことさえあった。

『当事者』であることに、ある種の『憧れさえ』抱いていた…

でも違った。

人生には、人には、それぞれ与えられた役割があるのだ。

自分は『当事者』ではない。

でも、

だからこそ、いわれのない偏見や差別に対して、断固として『NO』と言わなければならないのだ。

『当事者』ではない自分が、率先して差別や偏見を否定すること。

そのこと自体に意義がある。

それが、やっと見つけられた、自分と世界との関わり方。

同情や哀れみではなく、本当の意味での『平和な世界』を実現するための…『自分の役割』

世界の真実と偽りの豊かさ

【前回までのあらすじ】

産道を通過することを拒否して、帝王切開によって生まれたぴょこ丸は、その後の人生においてもことごとく『挑戦』や『困難』を避けていた。

「このまま何事もなく人生を終えていくのが幸せだろうなぁ…」と信じていたぴょこ丸であったが…

〇世界の真実

その時の僕はまだ信じていた。

世界は『良心』に満ちていて、親や先生の言うことを素直に聞いて、真面目に生きてさえいれば、あとは勝手に幸せになれるんだ…って。

でも、真実は違っていた。

人間は自己中心的で『悪意』に満ち、自分の利益や自己保身のために平気で不正を働き、嘘をつき、騙し合い憎しみ合っていた。

健全に機能していると思われたシステムは、時代遅れのまま稼働し、様々な歪みを生み出し、世界一豊かで安全だと信じていた日本で、自殺するものはあとをたたず、金銭や教育による格差は増大し、市民は過酷な条件で奴隷のように働かされ…

自分が今まで見ていた『幸せ』は、この絶望的ディストピアのほんの薄皮一枚の上に成り立っているに過ぎなかった。

幸福な家庭の第一子、心身ともに健康な男子という、圧倒的にマジョリティであり、社会的強者であるはずの自分が、それでも『幸福』になれない理由…

それに気がついたとき、見せかけの平和だった世界はもろくも崩れ去った…

『このままではいけない…自分が変わらなくちゃ…そして、世界を変えなくちゃ…』

次回『エピソード2.ぴょこ丸革命』

◯解説的ななにか

僕が『世界の真実』に気づいたきっかけは、まあいろいろあると思うけど、1番のターニングポイントは就職活動だったと思う。

それまでロクに授業も受けてなかったような連中が突然みんな髪の毛を黒く染め、スーツを着だして、自分もなんとかしなきゃと焦って説明会なんかに参加してみたものの、どんな会社の話を聞いてもイマイチピンとこなかった。

自分は『なんのために働くのか』『どんな仕事で社会に貢献できるのか』…『困難』を避け続けてきた自分には、そんなことわかるはずもなく、いわば『逃げ』として大学院に進学した。

そして、その二年後、今度は『修士論文』という第2の壁にぶつかる。

今までは『先生の言う通りにしていれば万事うまくいく』と思っていた。

しかし、現実では、先生の指示を待っていてはまともな論文すら書くことはできず、結果、一年休学し、その翌年に卒業することとなった…

そこで気づいたこと…

『今までのように困難を避けて、誰かの言う通りにしているだけでは幸せになれないということだった…

そして、ぴょこ丸は革命を起こすことを決意する…

(続く…)

改めて自己紹介をば

どうも。 (←なにか決まった挨拶を考えたい)

永遠のひよっこ

脱線ライフの主人公こと『ぴょこ丸』です。

思うところあって、改めてキチンと自己紹介をしようと思います。

初めましての人はもちろん、もう仲良しな人も軽く目を通してくれたら嬉しいです。

ではでは、改めまして…

【プロフィール】

〇名前→ぴょこ丸 (ぴょこ)

〇住み→神奈川県の最前線都市

〇性別→オス (ロールキャベツ男子)

〇属性

・ウェルスダイナミクス

カニック (ダイナモ×スチール)

・ストレングスファインダー

1.着想

2.慎重さ

3.個別化

4.最上志向

5.戦略性

よく『着想』が暴発する (ダジャレを言わずにはいられない)

〇夢→世界平和 (誰もが『自分らしく』生きられる世界)

〇好き→アイス (チョコミント)、犬よりは猫派 (理想はシロクマ )、水族館、おいしいお酒 (ビール、日本酒、焼酎、泡盛)

〇趣味→ものづくり全般 (プラモ、粘土、ハンドメイドアクセサリー)、お絵かき、ゲーム (最近Switch買ってスプラトゥーン2やってる)、ライブに行く、テレビ(最近はVtuberの動画も)見る、いつ使えるかわからない雑学集め(…料理も始めたい)

〇得意なこと

イデア出し、カイゼン

0→1よりも10→50とか80→120とかの方が割と得意。

制約があるほうが創造性を発揮できるタイプ。

〇性格

基本インドア派で自室だけで豊かに過ごせる。

人と関わるのはあんまり得意じゃない。

面倒くさがりだけど、ギアが入ると強い。

大器晩成のスロースターター。

〇好きな休日の過ごし方

→虚無。

休日は『休むためのもの』と割り切ってる。

気が向いたらゲームしたりプラモ作ったりするけど、基本的には『なにもしないをしている』

…まあ、こんなところかな?

なんとなく『ぴょこ丸』のイメージが定まったところで、ここからはぴょこ丸の生い立ちから振り返ってみることにしましょう…

〇エピソード0 『ぴょこ丸の誕生』

あれはまだ、母の胎内にいたころ…

現世に生まれるのを拒んでいたのか、はたまた母の胎内の居心地が良すぎたのか…

促進剤などを投与されたにもかかわらず、結局自然分娩は叶わず…帝王切開によって生まれる (母子ともに健康)。

ほとんどの人が経験するであろう、人生最初の試練である『産道を通る』の実績を解除しそこなった私は、その後の人生においても、試練という試練をことごとく回避し(中学→高校、高校→大学も推薦で、試験勉強すらしてない)今に至る。

根っからのアマちゃん気質で『最後には神様が上手いことなんとかしてくれる』と信じて疑わない。

そんなこんなで、特段裕福でもないが貧しくもない、両親ともに健在のごく一般的な家庭に健康優良男児として生まれた私は、慎ましくも豊かに、末永く暮らしましたとさ…

…と、なるはずだった。

あの日『世界の真実』に気がつくまでは…

(エピソード1『世界の真実』につづく…)